あともすぐらし

Atomosサーバー、FC:PotPartyでの日常を中心に、 FF14の魅力をお伝えしていくブログです。

FF14 Atomosサーバーで起こる日々の出来事や、
FC:PotPartyでの日常を中心に、FF14の魅力をお伝えしていくブログです。

FC:PotParty公式HP
https://www.fc-potparty.info/

ヘッダーはじろさんから頂きました(https://twitter.com/461_123)

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
© 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
© 2017 - 2018 あともすぐらし All Rights Reserved.

極蛮神

2.X極蛮神制限解除の旅⑤(最終回)

S_7158157161974


さて、いよいよ最終回になりました。

前回記事:2.X極蛮神制限解除の旅④


9月から始めて、12月に終わるというなんともスローペースの旅でした。



さてさて、前回無事にシヴァまで終わって、全てのお馬さんを集め終えました。

そんなこんなでモードゥナにいる異邦の詩人の元へ。

ffxiv_20171022_151241


「「よしだ~~!!麒麟ちょうだい!!」」



「はいじゃあここ行ってきて」




ffxiv_20171022_151435


指定された場所へ向かうとお馬さん勢ぞろい!
そして麒麟がついに姿を現す!!


ffxiv_20171022_151450


おお~~。



そしてこうしてみると、圧巻ですね。


ffxiv_20171022_151457


無事に麒麟を仲間に従えることに成功。






ffxiv_20171022_151655



俺たちの旅はまだまだこれからだ!!(打ち切り感)


2.X極蛮神制限解除の旅 終

2.X極蛮神制限解除の旅④

IMG_7369

BGMが良すぎてTAができない問題。



前回記事:2.X極蛮神制限解除の旅③








2.X極蛮神制限解除の旅、ラストとなった極シヴァ討滅戦。

ffxiv_20171022_145418




正直、バトル自体は多分一番簡単だと思います。
雑魚が湧いたら優先的に倒してひたすら殴り続けるだけ。


そのほか特にやらなきゃいけないギミックもなく、特別痛い攻撃があるわけでもない。






なのに…






BGMが良すぎて倒すのを躊躇ってしまう。


ffxiv_20171022_145409







もうね、オケコンの弦楽四重奏を思い出す…。
「Oblivion 忘却の彼方~蛮神シヴァ討滅戦~」

ffxiv_20171022_145433






ずっと聞いていたい。











そうです、この極シヴァ討滅戦を制するには、

極祖堅正慶討滅戦を攻略しなければいけない。

IMG_7371


これが極シヴァ最大のギミックです。










バトル自体はすごく簡単。
しかし、そこにはBGMというかつてないギミックによって早く倒すことができない。
すごいギミックですよこれは。

リヴァやタイタンみたいなのは、「うおーー!テンションあがる!行くぞーー!!」
となるのですが、シヴァはいかんせん、涙腺に来る。


そしてこの忘却の彼方の始まりを告げる究極履行技「ダイヤモンドダスト」
ここでいかにかっこよく固まるか選手権が開催されます。

ffxiv_20171022_145031

これが巷で噂のブリザギョです。




………………………………………………………








そんなこんなで、制限解除でもとても楽しめた極シヴァ討滅戦。
無事にボレアスをゲット!

ffxiv_20171022_151936


最後までシマさんが先に取っていきました。なんなんだろうこれw





次回:最終回「麒麟、現世に降り立たん。」

2.X極蛮神制限解除の旅③

IMG_7366


大分お久しぶりになりました。






2.X極蛮神制限解除の旅。

S_6652499599329



2.X極蛮神制限解除の旅②

IMG_7241




この旅を始めたのが14時間生放送(サブ放送)のタイムシフトを見ていた9月5日。
そして今日は11月15日。


実に3カ月以上かかっていますが、気長に見ていただけると嬉しいです。





そんな久しぶりな今回は「極ラムウ編」


実は極ラムウ、なんと解放すらしていないという体たらく。
しかも二人とも。
そんなガチ初見の極ラムウでしたが、するっとクリア。



注意すべき点は二つ。
・雷玉はヘイト1位になる方が回収。
・ラムウHP65%を切ると雑魚がでるので雑魚優先で倒す。

ffxiv_20171022_153748



あとはひたすらラムウを殴ってれば大丈夫みたいです。
ボコボコのボコにしてやりましたよ。



ffxiv_20171022_153740


※攻撃結構痛いので1人はヒーラーで行った方が安定します!







そんなこんなで無事にマルカブをゲット!
そしてここまで必ず最初に出た馬はシマさんが取っていくというお決まりのパターン。

ffxiv_20171022_153441



「なんで毎回しまおじが先に取れるの?」


「てんさいだから」





なんともIQの低い会話を繰り広げながら最終戦に向かうのであった…。



次回:BGMのせいでTAできない、極シヴァ討滅戦。

2.X極蛮神制限解除の旅②

S_6661750192294

まー、落ちる落ちる。


ひょんなことから始まったしまさんと二人で行く2.X極蛮神制限解除の旅。

この物語は、当初は空想帳を埋めるのが目的だったが、マウントが取れることに気付き、
二人分のマウントをとれるまでひたすら制限解除で2.X極蛮神を狩り続けるという旅である。

前回記事:2.X極蛮神制限解除の旅。



今回は極リヴァイアサン編。
ffxiv_20170907_204927


3.1の頃、リヴァ天球儀が欲しくて20周くらいしていたので、余裕余裕と言いながら挑みました。





ザッパーン

ffxiv_20170907_195147





なんですか、これ?


全然ギミック分かってなかった!

そういえば周回していた時はギミック他の人に任せきりでしたからね…。
ちゃんと勉強しなくてはいけません。


極リヴァイアサンは強制ワイプポイントが多いです。
タイダルウェブという履行技を撃ってくるときに、魔法障壁を起動してないといけません。
しかも2回も使ってくる!いやらしい!

ただこの魔法障壁、1回使うとエーテルを全部放出してしまうため、次に使えるようになるまで時間がかかります。
このため、2回目のタイダルウェブは注意!

ffxiv_20170907_195038



1回目→HP55%
2回目→HP20%

1回目:55%を切るまで殴る!→55%切ってリヴァイアサンが潜ったらすぐに魔法障壁を起動!
2回目:属性変換エーテルが33以上たまるまでリヴァイアサンのHPが20%を切らないようにする!



ffxiv_20170907_195556





と、魔法障壁のことだけ考えればこれだけでいいのですが、
厄介なのは取り巻きのサハギンさん達が遊びに来ます。



このサハギンさんたち、床範囲を設置していくのですが、これがとってもいやらしい。
設置された床範囲を踏むと「恐慌」というデバフが付与され、
私の意志とは関係なく勝手に走り回って海へドボン。

ffxiv_20170907_195058









なので、サハギンさんたちが遊びに来たら、素早くタゲを切り替え、お帰りいただきましょう。


ffxiv_20170907_194932









そして同時くらいにジャイア・スピュームという黄色い玉が4か所でてきます。
そんなに攻撃は痛くないですが、これも壊さずにタイダルウェブを食らうと即ワイプです。

ffxiv_20170907_195151








さらに、後半はジャイア・スピュームを壊した後に、線で繋がれた、ウェイブ・スピュームというのが出てきます。
この子たちを倒さずにタイダルウェブを食らっても即ワイプです。


ffxiv_20170907_195530




流れとしては

①リヴァイアサン殴る
②サハギン3匹+ジャイア4玉POP(サハギン優先で倒す)
③リヴァHP55%まで削る
魔法障壁起動
⑥サハギン2匹+ジャイア4玉POP(サハギン優先で倒す)
⑦ウェイブ4玉POP
⑧属性変換エーテルが33溜まるまで待ってからリヴァHP20%まで削る
魔法障壁起動
⑩タコ殴り

という感じです!
強制ワイプが多いので、結構注意することがありますね…。




しかし、リヴァイアサンの本当の怖さはこれではない……。



そう、



ffxiv_20170907_195056





落ちます。



しかも、後半ウェイブとサハギンを処理している最中に、勝手に潜ってヒャッハーしてきます。
これがまあとても見落としやすくて落ちる落ちる。






ffxiv_20170907_195619


そこで、鋼の意志が使えるナイト、羅刹衝が使えるモンクなど、
吹き飛ばし無効や自分の位置を瞬間的に変えるスキルを持ってるジョブで挑戦すると事故を防げます!









ffxiv_20170905_224218


そんなこんなで池ポチャならぬ海ポチャしまくりながらもどうにかエンバールをゲット。
ありがたいことに4周くらいで出たのでこれにてリヴァイアサンとはおさらば。




次回:まだ見ぬ脅威、極ラムウ討滅戦。

つづく。

2.X極蛮神制限解除の旅。

S_6652499599329

馬、うま、UMA。





日曜日、前日の14時間生放送のサブ放送をタイムシフトで見てた時。

DItLhZ4UMAE9Z1G

「祖堅さんかわいいなあ…。」





そんなことを思いながらはっと思い出した。

「そういえば私もまだ今週空想帳やってなかったな…。」





FCチャットで呟いたらしまさんもまだやっていなかったので、
二人で2.Xシリーズの極蛮神を解除で行くことに。

ffxiv_20170904_225149






これクリアできるの?といいながらも最初のガルーダはあっけなく終わる。

驚異の速さである。
これほんとに極蛮神?と疑いながらも、圧倒的ILの暴力でゴリ押しをしていく。

そしてふと気づく。
あれ、これそういえば極蛮神だからマウントでるのでは?

実は、私もしまさんも2.X蛮神馬のマウントは一切所持しておらず。
二人でこの早さならサクサク周回もできるしよし、いこう!と意気込みスタートしました。




極ガルーダ討滅


チラーダとスパルナは出てきた瞬間溶かす。

ffxiv_20170904_225403

チュイーン



ffxiv_20170904_225358

バシュッ!バシュッ!


あっけなく終了。
SS撮り忘れましたが最速1:21でした。
手練れの光の戦士たちはもっと早いんでしょうね…。



ffxiv_20170905_215352

「クサントス」
もあっさりドロップしてガルーダ戦終了。






極タイタン討滅戦

ffxiv_20170904_225738

かつて数多の光の戦士たちを苦しめてきた極タイタン。
グラナイトジェイルに閉じ込められる前に全力で削るのがポイントです。
もし閉じ込められても今のILだと耐えれるので、落ちないように思いっきり殴るだけです。





ffxiv_20170904_225804

ドーン!



そして難なくクリア。



ffxiv_20170904_224909

なんとこのタイタン戦で「ナイトメア」をドロップ!しかも二人分!



ffxiv_20170905_220000

「グルファクシ」も無事にドロップしたのでタイタン戦終了。

心を折られた光の戦士たちよ…仇は討ったぞ…。








極イフリート討滅戦

ffxiv_20170904_230309

ここからちょっと難しくなってきました。
ガルーダとタイタンはひたすら殴っていればよかったのですが、ここからは調整をしていかなければいけません。
ノーマルにもあるギミック「炎獄の楔」
これが出てくるフェーズが3つあります。

HP90%で4本出現→地獄の火炎(全体範囲)壊さなくてもOK
HP50%で8本出現→地獄の火炎(全体範囲)壊さなくてもOK
HP20%で13本出現→地獄の火炎(全体範囲)破壊できないと強制ワイプ

ffxiv_20170904_230305

つまり
HP20%切るまでは楔が出てきても無視してゴリゴリ削る

20%切ったらイフリートへの攻撃は停止

楔13本を破壊してからイフリートへ攻撃をする
という感じです。


楔が破壊できずにイフリートのHPが10%を切ると、
地獄の火炎がエンドレスに繰り返されて強制ワイプになってしまいます。

ffxiv_20170904_230124


このあたりの調整がちょっと大変ですが、慣れたらどうということはありません。

しかしなぜか、イフリートの馬が全然ドロップしない…!
ただ単純にドロップ運が悪かったんでしょうね…。



ffxiv_20170904_230215

よしだぁぁぁぁああああああ!!!!








ffxiv_20170904_211437

そんなことを言いながらもTAを続けていくとついに2分を切ることができました。







ffxiv_20170905_214405

そしてそれと同時に「アイトーン」もドロップ!

こうしてイフリート戦は幕を閉じました。











次回、落ちる?落ちない?極リヴァイアサン編





つづく。
プロフィール
名前:Kouchan Minerva
活動サーバー:Atomos

初心者さんや復帰者さんの支援活動を中心に、プレイヤーイベントへ参加したり、たまに企画したりしてすごしています。

FC:PotPartyのマスターもやってます。FCについて詳しくは記事上メッセージボードのURLから。

アクセスカウンター
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ