あともすぐらし

Atomosサーバー、FC:PotPartyでの日常を中心に、 FF14の魅力をお伝えしていくブログです。

FF14 Atomosサーバーでの日常を中心に、FF14の魅力をお伝えしていくブログです。

※キリ番踏んだ方はSSと一緒に←Twitterへご連絡下さい

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
© あともすぐらし All Rights Reserved.

その他

近況報告

20210509


大変ご無沙汰しております!





最近になって気付いたことがあります。


私は3ヶ月~半年ペースくらいで、仕事とFFのモチベが交互になる周期らしいです。

そんなこんなで、 絶賛仕事に明け暮れておりまして。。。
ただ最近はちょっとずつFF復帰してきております。



本日はそんなちょっとした近況報告です。





▨ おしごとのこと

s-2021-03-07_09-59-57-982_Full-TimeSenpaiCheshire02


以前も少し書いてましたが、今年の1月からおしごとを変わりまして、
とにかく仕事が楽しい!そんな毎日でございます。



上司は優しくて、先輩は頼りがいがあって、同期は切磋琢磨できて、会社からは正当な評価をしてもらえる。
当たり前かもしれませんが、意外とそんなことで毎日頑張れるんですよね。。。



特筆すべきなのは、私の直属の上司が光の戦士でして、
年齢も比較的近いこともあって、本当に毎日楽しく仕事ができてます。

影でサボってたり、努力してたり、そういうところをしっかり見てくれている方で、
上手くできた仕事はしっかりほめてくれて、ちょっと気が抜けてるときはしっかり注意してくれる
まさに理想の上司なんです…。


本当に転職して良かったです!これからもお仕事頑張ります!



▨ FC:PotPartyのこと

s-2021-03-06_20-59-06-446_Johto's Studio4


以前のぽっとろぐでも紹介した新メンバーくくりさんもすっかり馴染んでいただいて、
最近ではみんなで極蛮神や零式に行くほどに…。

みんな逞しくなって。。。

引き続きメンバーもゆるゆる募集しておりますので、気軽に遊びに来てください!




▨ 妹のこと

s-2020-12-26_23-13-36-089_Johto's Studio4


好評いただいております「左手で旅するエオルゼア」
妹も仕事が忙しくなってきて、現在少し休止中です。

ただ、ある程度のところまではSSの撮り溜めとストックがあるので、
そちらをとりあえず書いていこうと思っております。

失踪するつもりは無いのでご安心ください…!
ただちょっとゆっくりめの更新になりますのでその点はご了承ください。







そんなこんなで、相も変わらず元気にやっております!
ちょっとインする時間は少なくなってますが、15日のデジタルファンフェスも楽しむぞーー!!






みなさま、これからもよろしくお願いします!


FF14に出会って人生が変わったお話。


20200101





新年あけましておめでとうございます。




2020年は沢山の方にあともすぐらしを読んでいただき、
とても充実した1年を過ごすことができました。



ここでこんな話をするのはどうかと思いましたが、私はFF14に出会ったことで、
自分の人生が大きく変わり、このタイミングでどうしてもお伝えしたかったので書くことにしました。



すこしプライベートのお話になりますが、お付き合いいただけますと幸いです。








2021年1月より、新しいことへの挑戦をしていこうと思い、ジョブチェンジをすることになりました。






2016年4月、所属していた企業の親会社が、経営難に陥っていた企業を買収し、
経営の立て直しをはかるプロジェクトを発足させました。


買収先企業の社長には同グループ会社の方が就任することになり、
私も経営再建のメンバーとして選ばれ、約4年間その会社に費やしてきました。


再建メンバーは、社長が以前事業を一緒にやっていた方(35)と、社長(40)、そして私の3人でした。
普通に会社勤務していただけでは経験できないようなことを、この5年で経験させていただき、
ご両名には大変にお世話になりました。






この5年間、2年目に黒字経営へ転換、その後3年続けての増収増益を実現しました。


もちろんそこには社長達の敏腕があってのことでしたが、
私自身、FF14を立て直した吉田直樹という男の考え方や働き方にとても影響を受け、
それを経営再建のヒントにさせていただくことが、決して少なくはなかったです。



「経営難の会社を立て直す」というこのプロジェクトが、
FF14の新生と重なったように感じたのは、光の戦士としてはごく自然なことだったのかもしれません。




経営再建が成功し、会社での評価も上がり、自分自身の経験値も沢山貯まりました。


お世話になった会社と、ケツの青い若造を使ってくれた社長には本当に感謝してもしきれず、
私はこの人に一生ついて行こうと決めておりました。
















しかし2020年9月、社長が退任され、グループ本体からも退社されることになりました。
元々九州出身の方で、帰って地元でゆっくりするとのことでした。


最後の日に「お前はもうどこに行っても大丈夫だから、やりたいことをやりなさい。」


そう言い残して。














一生ついて行こうと決めていた人に、もうついていけなくなった悲しさと、
認めて貰えた嬉しさが入り交じり、しばらくの間悩みましたが、
最後の社長の言葉を信じ、私は新しいことに挑戦しようと決意しました。





ただ、私が今こうして新たな道に挑戦することを決めれたのは、社長の言葉だけではなかったのです。



FF14を通じて出会った光の戦士のみなさん、
その中には、夢に向かって懸命に努力し続ける方々が沢山いました。
「やりたいことをやる」ということ、言うのは易し行うは難しです。
それでも、夢をかなえるため、やりたいことをやるため、実際に行動している皆さんを見て、
私も頑張ってみようと決心したのです。





そして、私が社長に認めてもらえたのには、吉Pの考え方や働き方をとても参考にさせていただいたことにつきます。

よく社長には「お前は俺とは違う視点を持っている、だから傍に置いている」と言っていただけることがありましたが、
これは、毎回PLLなどの公式放送で吉Pがよくお話になられる開発の小話や、
社会人として、上司として、一人の生きとし生ける人間としてどうあるべきか、
そういったことから、沢山のヒントを得ていたからだったと思っております。



さらには吉Pはじめとした開発スタッフのみなさん、
自分の仕事に誇りを持って職務を全うしている姿は、語彙力のない私からはカッコイイ以外の言葉が出てきません。
「仕事なんて金を貰うだけの手段」そういう声もよく聞くこのご時世で、
俺たちは自分の仕事に誇りを持って働いている!という気迫と情熱にはいつも感動させられ、
そんな方たちが作っているゲームだからこそ、節々に愛情を感じられ、ここまでのビッグタイトルになったんだなあと心底思います。


私はFF14に出会わなければ、経営再建のメンバーに選ばれることもなく、
楽しいと思える仕事に就くこともなく、自分の仕事に誇りをもてず、新しいことに挑戦することもなく、
今でも平々凡々な日々を過ごしていたでしょう。


この場を借りて、FF14に関わってくれた全てのスタッフ、全てのプレイヤーにお礼を言わせてください。
みなさんのおかげで、私の人生はものすごくおもしろいことになりました。
本当にありがとうございます。











さいごに。

長々とすみません、ここまで読んでいただいた通り、2021年からは環境が大きく変わります。
ブログの更新は今まで以上に遅くなり、エオルゼアに帰る時間も少なくなることが多々あるとは思います。

それでも、少しずつでも、私は人生を変えてくれた、
世界一最高で面白いゲームの魅力を伝えるために、こらからもこのブログを書いていきます。

妹との旅も、FCでの日常も、今までよりゆっくりにはなりますが、
マイペースに続けて行けたらと思っております。








今年も、あともすぐらしをよろしくお願い致します。




2020-12-31_22-07-55-034_Johto's Studio4






2021.01.02 あともすぐらし管理人 Kouchan Minerva


ブログヘッダー更新。


20201127


約3年愛用してきましたあともすぐらしのブログヘッダー。

じろさんに作っていただいて、長いこと使わせていただきました。




この度、瞳の色の変更やら髪型の変更やらで
ガラッとうちの子の雰囲気が変わったので、約3年ぶりにブログヘッダーを更新しました…!





前回じろさんに作っていただいたヘッダーをオマージュして。。。




これからも「あともすぐらし」をよろしくお願いします…!

そしてじろさん、約3年間ありがとうございました!

アマロ が なかま に なった ! ▼

Blog表紙用

初のオールカンスト。






ズラーっと並ぶ80の文字を眺めてはニヤニヤしています。


2020-11-09_23-11-59-005_Johto's Studio5





小さいころはやりこみ要素をひたすらにやりつくすタイプでした。


FF8はレベルを上げたら不利なのに全員Lv100にして、全員にアルテマジャンクションして…
PS3を買ってもらったときは、とにかくトロフィーをコンプリートしないと次のゲームをやらなくて…
そんな子供でした。



2020-11-08_15-27-46-251_Johto's Studio4


いつからそんな寄り道をするのが煩わしく感じるようになってしまったのか。






ついに、全ジョブLv80を達成。
一つの大きな目標が達成されて思いましたよ。


「あぁ、これだなあ、この感情だ。なんだか今たまらなく嬉しい。」


2020-11-08_15-28-45-606_Johto's Studio4



FF14はあの時の気持ちを思い出させてくれました。
失いかけていた情熱を乗せて、アマロとエオルゼアを飛び回るのでした。







まだまだやりこみ要素がいっぱいある。
当面の次の目標は蛮族友好度カンストです。

ソロでも楽しいFF14。

コンテンツの仕様が大迷宮…?

2020-10-29_22-29-24-952_Johto's Studio4

大迷宮バハムート。

後のメインストーリーでは、アリゼーちゃんのセリフが変わったり、
なんといっても第七霊災の真実を知る、とても重要なストーリーであります。




FCの初見メンバーと共に。


それゆえに、紅蓮に入る前には、
みんなでバハムートに行くのがPotPartyでの習慣になっております。
今回はるーちゃん、ふぃーさんが初見、
丁度アセロラくんも終わっていなかったので、私はアセロラ君で参加しました。
今回はお二人の希望で、制限解除でサクッと終わらせることに。



ストーリーはとても楽しんで見てもらえて、最後のムービーなんかはとても感動してたけど…





やっぱり解除だとやりごたえがないよ!

2020-11-08_02-15-17-358_Johto's Studio4



今回はそういうお話です。



他の8人レイドとは違う…?

2020-11-01_22-26-09-352_Johto's Studio4

Lv60機工城アレキサンダー、Lv70次元の狭間オメガ、Lv80希望の園エデン…


蒼天以降の8人レイドダンジョンはコンテンツルーレット:ノーマルレイドでもマッチングするため、
こちらで8人揃わなくても、コンテンツファインダーですぐにマッチングするし、
程よい難易度で今でも気軽に遊べるのですが……



2020-10-29_22-23-42-257_Johto's Studio4

ではなぜ、Lv50の大迷宮バハムートシリーズだけルーレット対象ではないのか。


それはこのシリーズだけ、他とは決定的な違いがあるからです。


ノーマル・零式の住み分けが無かった時代


他の3シリーズは、ノーマル・零式と難易度が二つ用意されており、
ストーリーを楽しむだけの人はノーマルをクリアすればいいし、
より高難易度なコンテンツをクリアしたい人は零式に挑戦するという選択ができます。


2020-10-30_22-44-13-548_Johto's Studio4


しかし、バハムートはその選択がなく、ノーマルというにはあまりに難易度が高く、
今でいう零式の方に寄った難易度のコンテンツになっているのです。
※厳密には零式も用意されていますがそれについては割愛





当時実装されたばかりのころは、こうした高難易度のコンテンツをやらないと、
ストーリーも見ることができないということで、沢山の人がバハムートに挑戦しましたが、
難易度の高さに、途中であきらめてしまう人も少なくはなかったのです。

2020-11-08_02-22-24-050_Johto's Studio4


この反省を生かし、蒼天のイシュガルドで実装された機工城アレキサンダーシリーズからは、
ストーリーを追うことが目的とされたライト層向けのノーマルと、
高難易度なコンテンツに挑戦したいハードコア層向けの零式が実装されることになりました。




コンテンツ開放の違い

さらに、バハムート以外のレイドはストーリーを追いながら1層ずつクリアして解放という流れになりますが、
バハムートだけは一気に4層、または5層分解放され、最終層のみクリアすればその章はコンプリート扱いになるという
非常にややこしいコンテンツ解放の仕方になっています。

これが、大迷宮バハムートというコンテンツの分かり辛さに拍車をかけている、といっても過言ではないでしょう。


2020-11-08_02-27-38-948_Johto's Studio4




迫られる二択

そんな住み分け前の名残が今日まで残っているということですね。

このため今現在も、大迷宮バハムートのストーリーを見るのであれば、
8人集めて高難易度のコンテンツを練習して地道に頑張るか、
制限解除でサクッと終わらせてストーリーを見るかの二択になってしまっているわけです。

これが、他の8人レイドのように、CFで気軽にマッチングして、
程よい難易度で出来たらどれだけいいか…
初見の方とご一緒するたびに思うわけです。



2020-10-31_23-14-17-725_Johto's Studio4




言うは易く行うは難し。


しかし、そんなことはきっと開発の方々も重々分かっておられるでしょう。

スキルも大幅に変わっている現在の仕様で、Lv50用のしかも過去のコンテンツのノーマルを実装…
なんてこと、どう考えても現実的ではないということは分かるんです。


2020-10-30_23-21-56-116_Johto's Studio4


それでも…





第七霊災の真実に迫る、新生エオルゼアの根幹の部分で、
後のメインストーリーにも関わってくる重要なお話"大迷宮バハムート"



何かしらの方法で、もう少し初見の方が行きやすくなればいいなあと思いながら、
今日もバーニングウォールで空を見上げるのでありました。



2020-11-08_02-48-25-072_Johto's Studio4

















おまけ
侵攻編解放時、ここで並んでSS撮るのがすきです。

2020-10-29_22-50-26-848_Johto's Studio4

プロフィール
名前:Kouchan Minerva
活動サーバー:Atomos

三度のコンテンツよりおしゃべりとSSが大好き。
Atomosでの生活をゆるりと書き綴っています。
アクセスカウンター
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ