20220208

積年の夢、叶う。



今回は、環境回りのお話。
念願のPCケース「AntecTorque」を購入しましたので、レビューも含めたまとめです。




▨ 開封。

s-S__62562446


とにかく箱がでかい。


隣の山崎と比べると大体大きさがわかりますかね。

まあとにかく届いた瞬間から箱がでかすぎて、自分の部屋に持っていくのが大変でした。







s-S__62562447


左右につくガラスパネルが一番上に乗ってました。

アクリルじゃなくて、ガラスなので結構重いです。







s-S__62562449

上のガラスを取ると本体とご対面。
クソでかスチロールでがっちり固められてました。





s-S__62562451


こちらが素の状態。
実際見てみると大きさに結構ビビります。






▨ いざ、換装

s-S__62562441
s-S__62562445


ケースと合わせてCPUとマザーボードも新調しました。







s-S__62562457
s-S__62562436

メモリは以前Amazonセールで買ったT-FORCEのDeltaシリーズ、16GB×4本。
グラボはもちろん先日買ったばかりのZOTAC RTX3080です。


クーラーはとりあえず手元にあった虎徹使ってますが、いずれは簡易水冷にしたいな~
なんて思いながら、起動テストも無事に一発成功。




s-S__62562434

ちなみに、以前使ってた電源はCPU補助電源ケーブルが短くて届かないのと、W数が不安だったのでこちらも新調。
電源界ではベストセラーなんじゃないでしょうか「Corsairの白いやつ」です。





▨ 完成!

s-S__62562472

なんやかんやあって、大きなトラブルもなく無事に換装完了!





s-S__62562471


正面。
アンテックのロゴ光るのめちゃくちゃかっこいい。



s-S__62562430

横。
背面のパネルがガラスなのが高級感あっていいですね。
スパイラルチューブでまとめてるごちゃごちゃもどうにかしたいものです。





▨ ベンチマーク

s-bench


CPUも新しくしたのでやらねばと、早速ベンチマーク回しました。


結果は、WQHDで驚異の2万越え!
発熱もCPU40度、GPU65度くらいで大分いい感じでした。



▨ まとめ

s-S__62562472




背面ががっつりオープンなのも、このメカメカしい感じも、全部ドストライク!

まさに夢とロマンの詰まったケース。大満足でした。