あともすぐらし

Atomosサーバー、FC:PotPartyでの日常を中心に、 FF14の魅力をお伝えしていくブログです。

FF14 Atomosサーバーでの日常を中心に、FF14の魅力をお伝えしていくブログです。

※キリ番踏んだ方はSSと一緒に←Twitterへご連絡下さい

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
© SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
© あともすぐらし All Rights Reserved.

第37回プロデューサーレターLIVE。

S_6391923368482

PLL試聴会終わりました!

詳しいまとめは各サイトさんでもされているので、 
ここは私が個人的に気になったところをピックアップしていきます!





ffxiv_20170715_210709

バフ・デバフ分解表示

今回は私の大好きな皆川裕史氏のゲストでした!
というわけで、UI関連の話題が多く取り上げられていましたが、
特に私が嬉しかったのはバフ・デバフの分割表示!

いままで、バフ・デバフアイコンは一つで、さらにはカンパニーアクションも同じ括りになっていました。
それが、カンパニーアクション、バフ、デバフの3つがそれぞれ分割になり
HUDレイアウトで調整ができるようになるとのこと…!

これはとてもありがたい!!






crNG6kn
fpIM8xJ

ジョブHUD調整

パッチ4.0から実装されたジョブHUDですが、
これにより、従来のPTリストのバフが表示されなくなりました。

占星のカードや、召喚・学者のエーテルフローなど、
PT同士で確認できないと不便なものについては、今後表示されるようになるそうです!

極蛮神やレイドでお互いのカード確認できないと読みあいになっちゃってましたからね…w

また、詩人のストレートショットのprocがジョブゲージに表示されるようになり、
こういったジョブHUDでprocやリキャストを確認できるようになるシステムは
今後、順次対応していくとのことです。

おそらくパッチ4.1までにはすべてのジョブが対応できる見込みだそうです!






ffxiv_20170715_174504

第37回PLLを見終えて。


今回の修正は賛否あると思いますが、
ジョブHUDに関して、新しく実装するもので、相当開発スタッフも頭を悩ませ作ったものだと思います。
それでも、ユーザーからの意見に真摯に対応して、
作ったばかりのものにこんなに早く修正を入れるのは、企業としてすごいことだと思います。

皆川さんのこういった「ユーザーの意見を真摯に受け止める」姿勢、
私はこういう方が開発スタッフにいる限り、FF14の未来は明るいと感じましたね!!

第37回FFXIVプロデューサーレターLIVE視聴会(予告編)

IMG_6157

第37回FFXIVプロデューサーレターLIVE視聴会

さて、パッチ4.0紅蓮のリベレーター発売から来週で1ヶ月。
メイン終わった人も、終わってない人もいるとは思いますが、
明日、PLLが開催されるので、みんなで見ながらワイワイしよう!というイベントです。


ffxiv_20170627_002320

そもそもPLLってなに?


プロデューサーレターLIVE(通称:PLL)とは
私たちが住むエオルゼアの世界を作り出した神、FF14プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏
次のパッチで追加されるコンテンツを紹介したり、フォーラムに寄せられた質問に回答したりする放送です。
生放送のため、リアルタイムで吉田P/Dと意見交換ができる貴重な場であります。

ちなみに、今回はアートディレクターの皆川裕史氏がゲストで登場されるそうです。
皆川さんは「HQひろし」という愛称で呼ばれており、UIアーティストとして、UI全般の取り纏めをされています。
なんと、クロスホットバーを考案したのがこの皆川さんで、今のわかりやすくて、見やすいUIを作ってくれた第一人者です!
というか私が開発で一番好きな方です!
ひげおじかわいい…(小声)



そんな皆川さんへの質問、さらに、パッチ4.0をプレイしてみての質問を現在FF14公式フォーラムで受け付けています。
放送中に可能な限りお答えしていただけるので、みなさんも質問してみてはいかがでしょう?


最初の未読の投稿を表示第37回PLL質問募集(パッチ4.0をプレイしてみて)

最初の未読の投稿を表示第37回PLL質問募集(アートディレクター皆川裕史に聞きたいこと)


ffxiv_20170614_220915

イベント概要


①日時
2017年7月15日(土) 18:30~

②場所
Atomosサーバー
ラベンダーベッド8区46番地1F
(最寄エーテライト:ラベンダーベッド[拡張外]北西)

③視聴方法

YouTube Live
ニコニコ生放送
Twitch

④持ち物
リアルゼア:お酒、おつまみなど
エオルゼア:花火、クラッカーなど

⑤ルール

チャットをするときはsay
途中の入り抜け自由
暴言、迷惑行為NG

ffxiv_20170702_192453


みんなで仲良く視聴しましょう!


そのほか、何か質問などあれば、当記事へのコメント、Twitterへのリプライ
またはKouchan Minervaまでtellをいただければ対応させていただきます!



エオルゼア建設部 第二回「父を説得、ウルダハ王宮の謎、今度こそ迫る。」

S_6376982944123

前回のあらすじ



「おとん、大工やっとったけどさ、王宮って設計したことある?」

「は?あるわけねぇだろ」


どうなる!?エオルゼア建設部!?


◇前回記事◇
エオルゼア建設部 第一回「ウルダハ王宮、謎の天井空間に迫る。」



_____________________________


「まあ、そりゃそうだよね…。」

「またなんで急にそんなこと言い出したんだ。」

「実はかくかくしかじか…」

ffxiv_20170712_212244


「なんだ、ゲームの話かよ。」

「いや、ゲームっていっても、すごく細かいところまで作りこまれててね、もう一つの世界みたいなのがあって…」


「ふーん…。」




この白髪オヤジ、まるで興味を示さない…。
こうなれば強硬手段。
とりあえず、部屋に呼んで実際にゲームの画面を見てもらうことに。

S_6376846712186


「おっ、この椅子いいな。寝れる。おやすみ~~」













違う、そうじゃない。






「とりあえず、ゲームの画面みて。」


ffxiv_20170712_212701


「ここが王宮のある都市で、あれが例の王宮ね。」

「おー、結構綺麗やな。」

やっぱりさすがのグラフィックには父も興味を持ってくれたようです。








ffxiv_20170712_212729

「そんで、ここから王宮にはいっていって」








ffxiv_20170712_212917

「この先でお姫様と晩餐会とかしたりするんよ。」




「ずっと走ってるのに全然息切れないんだな。」

ffxiv_20170712_212244-1



光の加護を受けているからね。

でも、ダンジョン中「走りすぎて疲れたから休憩~」とか
ちょっとそういうのも面白いかも。















違う、そうじゃない。




ffxiv_20170712_213157

「着きました。問題になってるのがここ。」

「吸水性のアスファルトじゃなくって?」







ffxiv_20170712_213234

「これ床は大理石じゃない?てか何それ?」

「粒の隙間を大きくして、水を吸収するアスファルトがあるんだよ。」



調べてみたらTopmix Permeableというイギリスの会社が開発したコンクリートみたいです。


「でも床はこれ完全に大理石だな。」

「となると水こう配が付いてないとダメじゃない?」







ffxiv_20170712_213254
ffxiv_20170712_213306


「そうだな。あそこの階段下に流れていくから、そのあたりにドレンを付けるか、
それか普通は通路の横に排水溝をつけるけどな。」

「この先の部屋水浸しになっちゃうよね。」

「外から見れないの?」

「うーん、どうだろう、ちょっと遠くなると思うけど呪術師ギルドあたりからちょうど見れる気がする。」








ffxiv_20170712_213403


「あそこらへんかな?」

「うーん、確かに下に部屋があるっぽいな。」

「雨水めっちゃ入ってくるよね。」

「天井にアクリル板でも貼ってあるんじゃない?」

「いや普通に雨入ってきてたから。」

「とりあえずな、平面、立面、施工図を見せてもらわんことには何とも言えん。」




………………………………







結論:図面がないと分からない。







という結果になってしまいましたが、
そもそも宮殿というのは、その国の国王が自分の好きなように建てたものがほとんどだそうで、
ナナモ様が「星が見たいからここの天井はあけておくのじゃ!」
って言ってるところを想像したら、なんかもうどうでもいい気がしてきました。






ナナモ様が幸せならそれでいいじゃない。






次はもっとまじめにやります(小声)






ウルダハ王宮の謎 -完-



つづく。

ジェミーさんのブログを読ませていただいて。

※当記事にはネガティブな内容が含まれています。ご注意ください。

IMG_6162


※本記事に書かれていることは、全て私の主観で書いております故、
違った意見をお持ちの方もいらっしゃるとは思います。
その点、ご理解、ご了承いただきますようよろしくお願い致します。




FF14ほうせき箱:最近思うこと


今日のお昼、Twitterを眺めていたらこちらの記事を目にしました。
等ブログにもLINKを張らせていただいてる「FF14ほうせき箱」さん、
あの「ジェミ子の部屋」でおなじみジェミーさんのブログです。

01



この記事の中で【ストーリーについて】という部分の記事を一部抜粋させていただきます。
Twitterでも先日呟かせていただきました件です。
一部のフレンドさんから

「紅蓮のリベレーターのストーリーをブログに書かないほうがいい」

というご指摘を強くいただきました。
その内容について、何度か内輪で話し合いをさせていただきました。

基本的にこのブログはジェミ=私の体験したことをそのまま記録しております。
いつもはゲーム本来のコンテンツに手を付けず……。
会話ログのみを載せていたのも、それが私の体験したことだったからです。

ー中略ー

しかし今回ストーリーを2.2から追い始めたのには理由があります。
フレンドさん達から

「ジェミ子の部屋をするにあたり、最低限話の内容を把握しておくべき」

というご指摘を頂いたからでした。
ゲストの方とお話をするにあたっても、生返事で返していたのでは失礼。
それに、知っていればイベントの幅も広がる。

ー中略ー

結果的にリベレーターの半分くらいまで進めることができていて。
一ヶ月ほどで2.2~4.0中途まで追いつくことはできました。

ストーリーを進めていることに関して。
確かに、画一的な見方しかできていなかった自分の見聞がかなり広がりました。
イベントをするにあたっても、ゲストの方とお話するネタも沢山拾えました。
自分一人では絶対にやらなかったであろうストーリー。
手をつけるためのきっかけを頂いて、感謝しております。

ー中略ー

今回の争点は、私がその過程でリベレーターのストーリーを公開し始めたこと。
それが、クリアしていない人への配慮不足、モラルの欠如であると指摘されました。

その点に関してはかなり考えさせていただきました。
今までのストーリー記事の冒頭には、ネタバレ注意の表記をつけてはいました。
しかし、公開すること自体が「悪」である、と、そういうご意見でした。

大事なところだけ抜粋しましたが、このように書かれていました。


「ブログ」というものは好き好んで見にこなければ、内容を読むことはできません。
不特定多数の人がなにかの拍子で見てしまうツイッターならまだしも、
この「ブログ」というツールに関して言えば、ある程度は好き勝手に書いていいものだと私は考えます。

もちろん、他者を誹謗中傷するような記事などは別問題ですが…。

ジェミーさんが書かれているストーリーのネタバレを含む記事には、
注釈で「ネタバレ含む」と冒頭に必ず書いてあります。

02


そのため、わざわざスクロールして見ない限り、タイトルでネタバレをしているわけでもないですし、
誰かに迷惑をかけるようなことはされていないと思います。

自分の好きなように、大好きなFF14の世界で経験したことをブログに書いているだけです。


私もまったく同じで、ネタバレを含んでいる記事には注釈も入れてますし、
これの何が問題なのか、なぜ公開すること自体が「悪」であるのか。
その他多くの大手ブログさんでもネタバレ記事は沢山でています。
しかし、タイトルや冒頭に「ネタバレ含む」とほとんどの記事に注釈がついています。

これらすべてが「悪」なのでしょうか。


私はそうは思いません。

様々な情報が錯綜する今のネット社会、自分にとって必要な情報、そうでない情報
それらを取捨選択することは、それぞれが各自でやらなければならないことだと思います。
「この情報は見たくないから載せるな。」ではなく、
「この情報は見たくないから見ない。」という選択はできないものでしょうか。

例えば、FF14のアンチブログなんかも多数存在しています。
そのブログに「私の大好きなFF14を侮辱するブログなんて書かないでくれ!」
そう言いたい気持ちはもちろんありますが、そんなことは決して言いません。
なぜなら、どういうブログを書くかは自由で、書き手次第だからです。

しかし、それを読むか読まないかも自由で、読み手次第なわけであります。
見たい記事は読む、見たくない記事は読まない。それだけのことです。



ネガティブな記事は極力控えていますが、
同じブロガーとして、どうしても違和感がありましたので、取り上げさせていただきました。


ジェミーさんにはこれからも、今まで通り書きたいように書いてもらいたいです!

赤魔道士、占星術師、そしてナイト。

S_6376755784252

久しぶりに普通の記事です。
紅蓮のリベレーター発売からもう3週間経ちますね。
そんなわけで今日は、4.0になってから私が育てた3ジョブについてまとめてみました!



ffxiv_20170623_193441

攻撃も回復もできるリベロタイプ、赤魔道士。



当初の予定通り、メインストーリーは赤魔道士で、60まで上げてから進めました!

マナゲージの管理しながら戦い、ヒール性能も優秀という
まさに黒と白のいいとこ取りしたみたいなジョブですね。

これまで、メイン職はヒーラーでサブ職で黒魔道士をやっていたこともあり、
もう赤魔道士は待ちに待った!というジョブなわけですよ。

ffxiv_20170623_193441-4

見た目もカッコイイし、緊急時はヒール、蘇生までできる!
やっててめちゃくちゃ楽しいです。






ffxiv_20170623_193441-5

装備が死ぬほどかわいい、占星術師。

そんな赤魔道士でメインも終わり、次は占星術師を上げ始めました。
占星は何がいいかって、白学どっちのスタンスにもなれるうえに、
カードでPT支援もできて、そしてなによりAF装備がめちゃくちゃかわいい!!

ffxiv_20170623_193441-1

元々、呪術師でFF14を始め、2.Xシリーズは黒魔道士で駆け抜けてきた私ですが、
イシュガルドに入ってから占星術師の装備のかわいさに目移りして、
3.Xは占星術師をLv50まで上げてからメインを進めていました…w

今回の赤魔道士と同じパターンですね。。。
浮気性でごめんなさいw







ffxiv_20170623_193441-3

これぞ聖剣士、ナイト。

今回紹介しているジョブの中で唯一まだ70になってないジョブですが(現在Lv68)
もうすでに楽しい。

防御バフエフェクトがいちいちカッコイイ!w
あと先日のパッチ4.01での調整で、タンク3ジョブの一部アクションの敵視効果が倍になったこともあり
タゲの維持がしやすくなり、「やっていて楽しい」ジョブになってる感じでした!

ffxiv_20170623_193441-2


私自身タンクへたくそなので、敵視の調整入ってからもタゲとばしちゃうことがたまにありますが、
それでも練習してできるようになってくると、めちゃめちゃ楽しいです!





今回はこのあたりで。

つづく
プロフィール
名前:Kouchan Minerva
活動サーバー:Atomos

三度のコンテンツよりおしゃべりとSSが大好き。
Atomosでの生活をゆるりと書き綴っています。
アクセスカウンター
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ